義弟の中古車トヨタのスポーツカー

オーストラリア人の義弟が約2年前に中古車のトヨタのスポーツカーを購入しました。年式や色、バンパーの形は違うものの、全く兄と同じもの。二人して彼らの車を誇りに思いながら毎日運転しています。義弟は自動車免許を取って3年目。オーストラリアでは免許を取得して3年間はほぼ初心者と同じように扱われます。とはいうものの3年間毎日仕事に車を使っていたらある程度は運転に慣れるもの。
その運転に慣れた時期に事件は起きました。少し路面が塗れた夕方、仕事からの帰りにコーナーを少しスピードを出して曲がったばかりにスピンして路肩に落ちて反対向けになって停車。本人は無事だったものの原因はタイヤがはげていたから。中古車として買った車でタイヤの磨り減りは気になって変えようとしていたところだったそうです。この兄弟はブランド志向ということでトヨタの中古車を買っていましたが、根本的なメンテナンスを早めにしなければいけないことを学べたと思います。大事に至らなくてよかったです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加