義弟のトヨタの中古車

オーストラリア人の義弟は2年前に中古車のトヨタのスポーツカーを購入しました。100パーセント日本からの輸入車で中古車ということもあり、少し改造もされていました。色は白で、バンパーが道すれすれまで大きなものが付いており、凸凹道や駐車時など運転するのに大変気をつけなければいけないポイントでした。ぬかるんだ道でもたまにバンパーがすれていたらしいです。
そんなある日、ガソリンを補充しようとガソリンスタンドに行ったときのことです。前に止まっていた車の後ろに出ていた突起にバンパーを当ててしまったのです。ばりばりっといってバンパーは割れて、当たってからバックするときに少しはがれてしまいました。輸入車ということもあり、同じ型のバンパーを探すのは一苦労。やっとネットで見つけ注文しましたが水色のものだったのでペイントも施さなければなりません。さらに取り扱ってくれるお店も少ないばかりに修理するのに大変時間がかかっていました。輸入車を乗る限りは国産車に乗るよりも時間とコストがかかる覚悟が必要なようです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加